幕張日記

花見川区にあるグループホームです。よく食べ、よく出し、よく活動し、よく寝るをモットーにお客様とスタッフが和気あいあいと過ごしています。

確かな腕と六角レンチと灯油ポンプと♪

昨夜、もう帰ろうかと思った時に事務所に内線が…

「○○○が○○…で無理です」と。

 

現場に直行して惨劇が…。

 

筆者、どこの営業所に行っても必ず年1回は遭遇するアレです。

過去、数十回と遭遇しています。

そう、トイレの詰まり(笑)

この時間か~とちょっと残念な気持ち。

 

 

現場の職員がラバーカップでズボズボやってもビクともしない。

筆者も代わってズボズボ、ズボズボ、ズボズボ…

全然取れる気配がない。というか、何が詰まったかも見えない、わからない。

 

 

でも高齢者施設でトイレの詰まりといえば、アレを流してしまうんです(涙)

 

最近ニュースでもやっていますが、トイレの詰まりや車のパンク、鍵の紛失

など「緊急作業」で業者を呼んで高額な料金を請求されるという世知辛い

世の中。

一瞬、業者を呼ぼうと覚悟しましたが、余計な経費もかけたくない。

でもトイレが使えないとお客様もスタッフにも迷惑がかかる。

 

出した結論は、「自力で取る。自力で直す(笑)」

※こういう時のメンズ職員の団結力はすさまじく頼もしい。

 

情報社会なので、早速現場職員がググってみると…

あるんです。方法が!!

 

当ホームはちょうど1年前にリフォームをしたので最新式のトイレです。

以下の方法はTOTO アプリコットという製品なので全てのメーカーの

トイレには通用しないことを予め記しておきます。

 

 

1、六角レンチと灯油ポンプを準備する。

2、灯油ポンプでトイレに溜まった水をすべて取り除く。

3、ラバーカップでつまりを確認する。異物が取れなければ…

4、右奥に掃除口があるので六角レンチで外す。

5、詰まりの対象物を取り除き、また六角レンチで掃除口を締める。

以上。

 

↓こちらが動画。(ご参考までに)

youtu.be

 

昨夕の出勤者は全員男子という何とも幸運にも恵まれ、皆さん

ファインプレーでした。ズボン、シューズは水浸しになったかと思いますが(笑)

 

筆者は余計なお金をかけずに済んだという安堵感(;^ω^)